キャラスタジオ講座その4 – Nodes Constraintsでモーションを作ってみよう-中級編-【コイカツ】

最終更新日

Comments: 4

キャラスタジオ講座の他の記事

モーションづくりの中級編です

みなさん、前回の初級編の記事、マスターしましたか?

マスターした貴方はさぞかしエチエチなモーションを作っている事でしょう。

しかし! ピストンでモーションを作っている時にこう感じたことはありませんか?

・・・

なんか直線的で不自然!

そうです! ギミックのピストン「1つ」だけを使ってモーションを作ると、なんとなく機械的で不自然な動きになってしまうのです。(複数のギミックを使って自然な動きにするのは上級編っす)

なので今回は、少しだけ自然な動きになるようにする中級編の講座になります。

アダルトグッズのNLS

今回の講座をマスターすれば、こういうモーションを作れるぞ!

IKじゃなくて、デフォルトモーションの一部をお借りしたい

前回の講座で、IKのパーツ一部を子供にしてギミックを親にしたモーションを付ける方法を学びました。

今回は、イリュージョンさんが作った、デフォルトのモーションの一部を親としてお借りする方法を紹介します。

そもそも!デフォルトのエッチモーションはめちゃくちゃ出来がいいです!

ただ、足が開いてなかったり、お上品だったり、そこだけがピース的に満足いかないだけで、動き自体はかなり自然です。

なので、主にケツと腰回りの動きをお借りして、足は開いちゃうという魔改造をしていくぞ!♥

そんじゃさっそく前回同様に、最終的に自分のイメージする動きの粗方を作って行きましょう。

今回は「立ち顔面騎乗」をテーマに進めます。

そのため、女性側の親になる人には「anim」>「アニメ」>「女挿入」>「腕引っ張り椅子バック」を適用しています。

アニメスピードを0にして、位置を調整してください。

そんで、そのまま女キャラのアニメスピードを動かすとこうなります。

頭が突き抜けてますね。これじゃあ違和感がある。

ということで、この「親」となる女キャラをコピーしてください。

コピーのやり方は、女キャラを選択した状態で、ワークスペース枠の右下「objcopy」をクリックしてください。

そうするとすべての情報(姿勢、服、表情などなど)をコピーしてオブジェクトが増えます。

そしたら、コピーした方の女キャラにIKを設定して、エロいポーズをとらせましょう。

気を付けるのは、コピー元(親となるキャラクター)とケツの位置を合わせてください!

こんな感じです。

それではここまできたら、モーションの設定です!

ここまでが面倒臭い方はこのシーンを読み込んでください。

IK設定していないキャラの部品を親にしよう

それではNodes Constraintsを起動しましょう。

起動の仕方は覚えていますか?「Ctl + I」ですよ?

ショートカットキーを押したらこれがでます。

完成形の表示になっていますのでお気を付けください!

ウインドウが開いたら、ワークスペース枠で「親」となる女キャラを選択してください。

そのあと「Nodes Constraints」ウインドウの中盤にある「Advanced List」の左にある、チェックボックスにチェックを入れてください。

そのあと、直下にあるテキストフィールドに「waist」と入力してください。

すると、リストにいくつかの候補が出てきます。

今回はその中で「cf_j_waist02」を親として選択し「Set as parent」をクリックしてください。

Tips

Advanced ListはIKで設定するポーズで出てくる赤丸「以外」の場所を指定する時に使います。

IK設定していないキャラのカラダの一部を親として指定することができます。

ものすごい数の指定点があるので、いろいろためしてみてください。

基本的には簡単な英語で当たりが付くので、中学英語のカラダの部位の単語を勉強しようね!

「cf_j_waist02」は大体尾てい骨のあたりの事です。

それを親にしたあと、子供になるキャラクター(IK設定してある)をワークスペース枠で選択し、左ケツの赤丸を選択。「Set as child」で子供にしてください。

その後、同じように「cf_j_waist02」を親に、右ケツも子供にしてください。

ここまで終われば女側の動きは自然になったと思います。

親側のアニメを動かしてみましょう。

答え合わせシーンはこちら

さてここまでくればあともう少しです。

女側の動きが自然になったので、男の方も動かしましょう。

今度はモーションの「親となる女キャラ」の「cf_j_waist01」を親にしてみましょう

cf_j_waist01は大体、腰のあたりのパーツになります。

つまり腰の動きが親になります。

これに対して、男キャラを(IK設定してください!)の「cf_t_shoulder_R(work)」と「cf_t_shoulder_L(work)」を子供に設定してください(別々にね)

そうすることにより、男キャラの肩が、ベースとなる女キャラの腰の動きに従い動きます。

その設定をした後で、大元の女キャラのアニメスピードを変更すると、記事冒頭のサンプルのような動きになります!

答え合わせはこちら

最新情報自動更新バナー

今回の記事を完全に理解すれば、例えばフェラモーションの肩と顔の動き

四つん這いバックの腰、尻、肩の動きなど、自分が欲しい場所のモーションをお借りすることができます。

ピストンのような直線的な動きで不自然になることもなく、自然なエッチモーションを作れるので、是非是非マスターしてください!

中級編といっていますが、今のピースの実力ではここが限界です。

この先は物理、数学の知識を要した超上級者の3DCGモーションクリエイターの領域になります。

いつか自分もそこの領域に行きたいとは思っていますが、今はまだむりです。

なのでプロが作ったモーションの一部をお借りして、自分なりのエッチなシーンを作ってみてください。

本日の講座はここまでになります!

みなさん是非、自分で作成したシーンを公開してみてください。

人から感想を貰うことによって、モチベーションにもなりますし、それに刺激されて、派生形のもっとエチエチなモーションが出来上がることもあります。

皆の力でコイカツコミュを拡大していきましょう!

偉そうな事を言いましたが、また次の記事でお会いしましょう。

ピースより、エロを込めて

END

シェアする

4件のフィードバック

  1. 本当に講座をご拝見する度にピースさんには感謝の気持ちでいっぱいになります♪いつも自分達の為にお仕事が忙しい中でも最高にエッチな抜き作品を作成して頂き本当にありがとうございます♪いつか違う形でピースさんに日頃の感謝を込めてお礼がしたいです♪いつも本当にありがとうございます♪これからもずっと応援してます♪

コメントを残す

名前とメールは入力しなくてもコメントできます。
メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする