ムチムチ刑事 人物紹介

ムチムチ刑事01-01

山本 一郎 (やまもと いちろう)

特殊変態取り締まり課を設立した署長

乙女とは6年前からの5年前からの付き合いとなり、日頃からセクハラをしている。

スケベな面が表に出ているが、実は超エリートの秀才で、警察庁の中でも一目置かれる存在である。

鬼島 乙女(きじま おとめ)

元、無血無血連合 紅組み総長の元ヤン

5年前、ある出来事から署長に拾われ、公安の所属になる。

格闘技術に関して突出しており、世界的に見ても上位の能力を誇る。

日頃から署長のセクハラをいなしているが、実は・・・・・・

そしてボインである


市川 歩美(いちかわ あゆみ)

元、無血無血連合 特攻隊長の元ヤン

乙女に誘われ、公安の所属となる。

特攻隊長ながら冷静な状況判断と、後輩への指導力に長けている。

幼い頃に母親を亡くし、父親と兄、弟の男所帯な環境で育った。そのため男勝りな面があり、同性からも慕われている。

そしてボインである


宮城 竜子 (みやぎ りゅうこ)

元、無血無血連合 特攻副隊長の元ヤン

歩美同様、乙女から誘われ公安所属となる。

天然ボケの後輩キャラであり、レディースの中でも年下からマスコットキャラ扱いされる存在だった。

子供が好きであり、実は将来の夢は保母さん

そしてボインである


ロイ・デカマーラ(童貞)

本作の主人公

士官訓練校にて歴代1位の成績を収めた天才

22歳ながら見た目は10代の少年であり、よく小学生に誤解される。

しかし、そのイチモツは類を見ない巨根である。

ムチムチ刑事達のエロボディに惑わされながらも、立派な警官になるため、日々精進を続けている。

シリーズ各話

コメントを残す

名前とメールは入力しなくてもコメントできます。
メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする